お知らせ

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第2報)

2021年4月9日(金)18:30

これまで、4月7日(水)に、京都近衛リハビリテーション病院(以下、当院)に勤務する職員1名(以下、当職員)が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことをご報告させていただきました。(こちら)この度は関係の皆様にご心配とご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

管轄の保健センターの指導のもと、当職員と接触のあった「患者様」および「当院職員」にPCR検査を実施いたしました。結果、患者様60名が「全員陰性」であることを確認いたしました。

当院職員のうち2名は「陽性」と確認されました。管轄の保健センターの指導のもと適切な対応を進めるとともに、状況を随時、ご報告いたします。また、検査対象となった、他の当院職員92名は「陰性」であることを確認いたしました。当面は、自宅待機とし、慎重に健康観察を進め、今後の方針を検討いたします。

今後も患者様、職員等の体調管理を含む感染予防に努め、安心してご利用いただける環境づくりに万全を期して参ります。引き続き、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 京都近衛リハビリテーション病院
  • 院長 岡 伸幸

関連記事

2021年04月26日
当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第6報)
2021年04月17日
当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第5報)
2021年04月14日
当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第4報)