お知らせ

当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第1報)

2021年5月13日(木)9:00

5月10日(月)夜、京都近衛リハビリテーション病院に勤務する職員1名(以下、当職員)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでお知らせします。既に「濃厚接触者」に該当する可能性のある患者様のご家族へはご連絡を差し上げました。関係の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

管轄保健所の指導に基づき、5月11日(火)、当職員と接触のあった患者様、および職員の合計146名にPCR検査を実施し、翌12日(水)に「全員陰性」を確認いたしました。この結果を踏まえ、当職員が所属する病棟は安全が確認されるまで新規入院を「受け入れ中止」といたしますが、他の病棟は新規入院の受け入れも含め「通常運営」といたします。

なお、本件は5月10日(月)に終息をご報告した一連の感染症発生と「別の感染経路による可能性が高い」との見解を管轄保健所より得ておりますことを合わせてご報告いたします。

引き続き、管轄保健所の指導に基づき、安心してご利用いただける環境づくりに努めて参ります。ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 京都近衛リハビリテーション病院
  • 院長 岡 伸幸

関連記事

2021年05月20日
当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第2報・最終報)
2021年05月10日
当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第7報・最終報)
2021年04月26日
当院における新型コロナウイルス感染症の発生について(第6報)