お知らせ

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第1報)

2020年9月1日(火)17:00

9月1日(火)、京都近衛リハビリテーション病院に勤務する職員1名(以下、当職員)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでお知らせします。

当職員は8月29日(土)に同居家族1名の感染が確認されており、濃厚接触者としてPCR検査を受けた結果、9月1日(火)「陽性」と判定されました。当職員は院内規定に従い同居家族に発熱症状が現れた8月27日(木)から「自宅待機」としています。

管轄の保健センターからは「患者様、および当院職員に濃厚接触に該当する対象者はいない」との見解を受けておりますが、念のため当職員と接触した他の職員を、当職員家族の感染が確認された29日(土)より「自宅待機」としたうえ、院内調査を進めており、その結果を踏まえ、今後の対応方針を検討して参ります。今後の経過はこちらでご案内して参ります。

この度は関係の皆様にご心配とご迷惑をおかけしますことにお詫び申し上げます。今後も保健センター指導の下、安心してご入院いただける環境づくりに万全を期して参ります。ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

京都近衛リハビリテーション病院 院長 岡伸幸

■お問い合わせ
京都近衛リハビリテーション病院(代表) Tel.075-762-5000

関連記事

2020年09月10日
当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第3報)
2020年09月04日
当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第2報)
2020年09月01日
【第二十一報】新型コロナウイルス対策について