お知らせ

業務効率化を通じた医療品質の向上を目指して「 クラウドPBXを活用したスマートフォンへの業務集約 」

京都近衛リハビリテーション病院(以下、当院)では、医療現場における業務の効率化は、スタッフの働き方改革の面だけでなく、医療品質の向上にもつながる重要な要素として取り組んでいます。

この一環として、現在、NTT西日本(以下、同社)と連携してクラウド型PBXサービスを導入し、スマートフォンへの各種業務の集約を行っています。

同社としても、この事例をもとに、スマートフォンの活用等のコミュニケーション環境の変革ニーズの高まりに応えるソリューションとして注力される方針であり、プロモーション動画を制作されました。当院は先行導入事例として、動画制作に参加し院長補佐 児玉直俊 医師をはじめ、看護師などスタッフ出演させていただきました。

動画はこちらからもご覧いただけますので、ご興味ございましたらぜひご覧ください。

 

ICTソリューションで医療現場の業務を効率化

~クラウドPBXを活用したスマートフォンへの業務集約~

https://www.ntt-west.co.jp/ict/casestudy/ict-iryou.html

関連記事

2021年11月17日
【ご家族のみなさまへ】「リハビリ見学」が始まりました!
2021年10月25日
【第三十二報】新型コロナウイルス対策について ※最新
2021年10月01日
京都大学医学部附属病院(京大病院)との症例報告会をウェブ開催