お知らせ

広がる地域医療連携の輪。京大病院との症例報告会を初開催!

9月20日、京都大学医学部附属病院(以下、京大病院)と京都大原記念病院グループが症例報告会を開催した。当グループは、連携している急性期病院と定期的に症例報告会を行い、情報共有と相互理解の強化に努めている。京大病院とは今回が初めて。

 

京都大原記念病院院長の垣田が、「急性期の皆さんに、回復期転院後の患者さんがどのように経過しているかを知っていただく機会としたい」と挨拶。取り上げた2症例とも、京大病院・当グループの双方から報告を行った。

 

1例目は、京都大原記念病院に入院した痙攣重積発作の30代・男性患者。重度の右麻痺、同名性半盲、失語症を生じたが、社会復帰を目指して介入した症例。

 

2例目は、京都近衛リハビリテーション病院に入院した脳幹出血の50代・男性患者。重度の後遺症を来したが、ADL能力再獲得と自宅退院に向けて、急性期から回復期、そして生活期へと密な連携を行った症例。

 

京大病院脳神経外科 講師の吉田和道先生より「我々急性期の(特に外来を担当していない若い)医師は、患者様の退院後の様子を知る機会が少ない。回復期・在宅を知らずして、急性期も外来も出来ない、と改めて感じた。この症例報告会は今後も定期開催して、ますますface to faceの関係を構築していきたい」との挨拶があり、会を結んだ。

 

関連記事

2019年11月07日
リハの目標と成果報告_京都第二赤十字病院で症例報告会
2019年11月06日
ドクター登場!菱澤 美貴医師(神経内科) 認知症
2019年10月01日
【外部発表のご紹介】第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会で発表!(根本玲医師)